スポンサードリンク 緑効青汁 青汁 青汁の種類

緑効青汁 

緑効青汁を選んでは

青汁の選ぶ方法が難しいと迷っていませんか。

キューサイ青汁(キュウサイ青汁)・緑効青汁(アサヒ緑健)・ファンケル(FANCL)青汁
・フジワラの青汁・サントリー青汁などがあります。
原材料(ケール・大麦若葉・明日葉・緑茶・よもぎ・ゴーヤなど)と色々な原材料で青汁を
作っていてます。

確かにどんな青汁を選んだらいいか困ってしまいます。

個人的には、アサヒ緑健の緑効青汁が一番ですが。

アサヒ緑健の緑効青汁はTVCMで有名になり、どこかで見たり、聞いたことがあると思います。
大麦若葉が主な原材料で食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖の配合で、「ゴールデンバランス」の特許を
取得しています。


緑効青汁
 ●粉末タイプ 3.3g×90袋=9,765円(送料別) 


緑効青汁は、当然に好みもありますが飲みやすくよかったです。

いろいろな青汁を飲み比較してみると、自分に合っている青汁がわかりますよ。

緑効青汁をまだ試したことがない場合は、これを飲んでみるといいですよ。

緑効青汁 

緑効青汁とは?


緑効青汁とは?

 緑効青汁の主原料といえば大麦若葉です。
大麦若葉には、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がたっぷり含まれており、不足しがちな栄養をバランスよく摂取することができます。

緑効青汁は、選び抜かれた栽培地で農薬を一切使わずに栽培された国内産の大麦若葉をメインとして、
独自の技術によっておいしく飲みやすい青汁です。


緑効青汁は、大麦若葉の不溶性食物繊維に、水溶性食物繊維、
乳酸菌、オリゴ糖を加えたゴールデンバランスで、体内環境から健康を助けています。



緑効青汁に含まれる栄養成分

食物繊維 カリウム ビタミンB1 ビタミンB2 ナトリウム ビタミンE

マグネシウム ポリフェノール 鉄 カロテン ナイアシン 脂質 糖質

オリゴ糖 カルシウム アミノ酸16種類 



いろいろな青汁がありますが、前に比べれば苦味が少なくなって、
飲みやすくなってます。

やはり、緑効青汁は飲みやすく小さな子供さんでも大丈夫だと思います。

様々な青汁がありますので、自分に合った青汁を見つけて継続的に続けていく事が大事だと思います。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。